FC2ブログ
スポンサードリンク

債権が満期になる仕組みについて



実際に国債を初めとした債権の仕組みはそれほど難しくありません。株式投資や外貨投資
関連の商品などと比べれば、はるかに構造自体がシンプルなので、すくに理解できます。


債券投資の場合、一般の方々が金利が変動する仕組みや債券を売り買いするために覚え
なければならないことは、それほど多くありません。そういった意味でも安全性が高いです。


将来債券を購入するときだけでなく、いろいろな生活の場面でも役にたつことが多いと思い
ます。まず、債券と預貯金の違いを簡単に説明させてください!。


預貯金との違いが分ることで債権の特徴がより深く理解出来るかと思います。


債券投資には定期預金のような預貯金商品と同じように満期がございます。債権は5年、
10年といった満期まで保有して、その利子をもらうというのが一般的です。


こうした性質上とても長い期間、債権を持ち続けることになります。


預金は他人に譲渡出来ませんが、はいつでもそのときの時価で売却することができます。


時価というのは読んで字のごとく、「その時その時で価格がかわりますよ」ということです。


仮に、お金を100万円出して債権を購入したとしても、お金が必要になって売却しようという
ときに95万円になったり、あるいはその反対に103万円になっていたりすることがあります。


何年か先の予測は専門家でも至難のワザといえます。


ですので、債権を購入するときには、購入資金となるお金を、実際に何年くらい使わないで
おいておけるのかを考えなければなりません。


1、2年先に使う予定のお金なのに、いつでも換金できるからといって、「10年満期 」の債券
を購入するというのは、控えた方がよいと思います。債券は満期まで持つのが基本なので、
2年満期とか、3年満期とか、満期の期間をよく考えて購入しなければなりません。








スポンサーサイト



テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 国債 資産運用

さらに詳しくしらべる


 検索例  
国債 償還 手数料などと入力
メニュー

お問い合わせフォーム


カテゴリー

ユーザータグ

国債 資産運用 債券 長期金利 社債 金利 株価 個人向け国債 定期預金 郵便局 日本郵政 時価 インフレ 資金調達 景気 日本国債 米国債 空売り 投資家 リスク FRB 円建て 償還 デフォルトリスク 外債 価格変動リスク 外貨建て リターン 

タグ

  • seo
  • seo