スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






債権発行は資金調達のための手段


債券は、個人が発行するものではなく、会社や国などが不特定多数
の人に持ってもらうことを前提に発行するものです。実際に、債券は
発行する側にとって有力な資金調達手段です。



日本では戦後からずっと、企業などの資金調達に関しては金融機関
からの借り入れを中心として行なってきました。しかし、債券は銀行
の借り入れと異なり、広く一般から資金を集めます。



ただし、国や企業が自ら調達(販売)するのではありません。基本的
には、証券会社などがその仲介役を果たしています。



債券の発行者から証券会社から債券購入者(投資する銀行、投資す
る個人など)という図式になっています。一般的に債券を発行するから
には、一定レベル以上の信用力が必要とされます。



昨今のように倒産が相次ぐ中ではその心配もさらに強いものになって
いくのは残念ながら当然のことと市場では捉えられます。いつ倒産す
るかわからない会社の債権など買う人はいないからです。



もし、購入した債券の企業が倒産することになった場合は、その債権
はまったくの紙くずとなってしまいます。



その信用力を序列的な記号、AAA(トリプルエー)とかBB(ダブルビー)
などと公表しているのが格付機関と呼ばれる会社です。



各付けの高い債権ほど低い債権に比べてきちんと満期にお金がかえ
ってくる確率が高いという捉え方をすればよいでしょう。





テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

さらに詳しくしらべる


 検索例  
国債 償還 手数料などと入力
メニュー

お問い合わせフォーム


カテゴリー

ユーザータグ

国債 資産運用 債券 長期金利 社債 金利 株価 個人向け国債 定期預金 郵便局 日本郵政 時価 インフレ 資金調達 景気 日本国債 米国債 空売り 投資家 リスク FRB 円建て 償還 デフォルトリスク 外債 価格変動リスク 外貨建て リターン 

タグ

  • seo
  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。